調査研究スタッフ

稲垣 誠一

Seiichi INAGAKI

役職

客員研究員

研究分野

応用計量経済学、経済政策

学歴

1978年3月:名古屋大学理学部 卒業
1980年3月:名古屋大学大学院理学研究科博士前期課程 修了 名古屋大学 理学修士(数学)
2005年3月:東京国際大学大学院経済学研究科博士後期課程 修了 東京国際大学 博士(経済学)

職歴

1980年4月:厚生省入省
1982年4月:農業者年金基金業務第一部
1983年7月:環境庁企画調整局環境保健部 主査
1986年4月:International Labor Office, Social Security Department
1988年4月:厚生省大臣官房統計情報部 課長補佐
1990年7月:厚生省大臣官房政策課 課長補佐
1991年7月:厚生省年金局 課長補佐
1996年7月:厚生省年金局 基金数理室長
1999年8月:農業者年金基金 数理役
2000年8月:United Nations Statistical Instivtute for Asia and the Pacific, Lecturer
2002年8月:農業者年金基金 数理・情報技術役
2007年8月:年金シニアプラン総合研究機構 研究主幹
2009年8月:一橋大学経済研究所 教授
2013年4月:東京工業大学大学院イノベーションマネージメント研究科 客員教授/株式会社シーエーシー特別常勤顧問
2016年4月:現職

主な著作物

稲垣誠一『日本の将来社会・人口構造分析:マイクロ・シミュレーションモデル(INAHSIM)による推計』日本統計協会, 2007.
Seiichi Inagaki, “The effect of changes in nuptiality behavior after the 1980s on the poverty rate for the elderly in Japan—Analysis using a dynamic microsimulation model,” The Review of Socionetwork Strategies, Vol.8, No.1, June 2014, pp.1–18. 稲垣誠一・清水時彦「確率的公的年金財政モデルによる基本ポートフォリオの検討」『日本保険・年金リスク学会誌』第6巻第1号, 2014年3月, pp.1–19.
稲垣誠一・小塩隆士「初職の違いがその後の人生に及ぼす影響—LOSEF個票データを用いた分析—」『経済研究』Vol.64, No.4, 2013年10月, pp.289–302.
稲垣誠一「1950年代生まれの所得格差と就業行動―ねんきん定期便の加入履歴等に関するインターネット調査の概要と分析―」『日本統計学会誌』第41巻第2号, 2012年3月, pp.285–317.

その他

2004年7月:年金数理人