山口新一郎賞

山口新一郎賞は、故・山口新一郎元厚生省年金局長のご遺族から当法人になされた寄付をもとに設置されました。当法人は、公益認定を受けた公益財団法人として、年金に関する調査研究の振興に資するため、当法人の資金により本賞を恒久的に実施することといたしました。

「山口新一郎賞の今後の取扱い」(平成29年11月14日)

山口新一郎賞の実施のため、当法人では「山口新一郎賞選定委員会」(委員長:山崎泰彦神奈川県立保健福祉大学名誉教授)を設置して厳正な審査を行っております。

■令和2年度の山口新一郎賞

山口新一郎賞

該当なし

山口新一郎賞特別賞 ※1

論文名 「年長フリーター・無業者の生活と年金納付状況」

 

(Web Journal 年金研究 No.11 (2019年3月))

著者

丸山 桂(上智大学総合人間科学部社会福祉学科教授) ※2

※1 「山口新一郎賞特別賞」: 山口新一郎賞には該当しないが、先行研究がほとんど無く、またデータ取得に大きな制約 がある中での意欲的なチャレンジとして、重要かつ知的刺激に富んだ重要な問題を提起をしており、今後における活発な議論と更なる研究の進展を促すものであり、山口賞の名を冠して顕彰されるにふさわしいと特別に高く評価され、今回、山口新一郎賞選定委員会において選定されたものです。

※2 著者の論文発表当時の所属・肩書は、成蹊大学経済学部教授です。

プレスリリース資料

令和2年度 山口新一郎賞について

■これまでの山口新一郎賞

第1回(昭和60年) 牛丸 聡(青山学院大学講師)
第2回(昭和62年) 吉原健二(社会保険庁長官)
第3回(昭和63年) 清家 篤(慶應義塾大学助教授)
第4回(平成 4年) 渡部記安(日本生命不動産部調査役、東海大学法学部講師)
第5回(平成18年) 江口隆裕(筑波大学ビジネス科学研究科教授)
【佳作】上田憲一郎(三井住友銀行本店上席調査役)
第6回(平成26年) 山田篤裕(慶應義塾大学経済学部教授)
第7回(平成29年) 稲垣誠一(国際医療福祉大学教授)
第8回(令和元年) 村上 恵子(県立広島大学経営情報学部教授)
西村 佳子(京都産業大学経済学部教授)
西田小百合(東海大学観光学部准教授)

※肩書は、受賞当時のもの