年金と経済

年金と経済

「年金と経済」は、年金制度や年金資金運用などに関する研究論文誌です。

年金制度の発展・向上に向けて熟慮した将来論、将来につながる現状評価論等を高いクオリティ を維持しながら掲載したものです。各論文執筆者の年金への考え方が多様であることを生かしながら、将来に向けて年金問題を積極的に論じていく雑誌です。

各号ごとに組まれた特集は多角的に論じられているため、時には論争の場としての役割を果たすこともあり興味深く読んでいただけることと思います。

年金を勉強しはじめた方、年金研究を相当に深めた方のいずれの方々にとっても国民生活、経済の基盤である年金問題を考える道しるべの役割を果たすものと思います。

編集委員長に慶應義塾大学経済学部教授 駒村康平氏が就任し、精鋭14名の編集委員により編集しております。

「年金と経済」

年4回発行
A4判100~200ページ
定価1,700円+税 (年間購読 7,200円)

購読申し込み

購読申込書(word:30kb)

購読申込(バックナンバーのご注文)は、購読申込書に必要事項をご記入のうえ、下記あてFAXまたはメールにてご連絡ください。

公益財団法人 年金シニアプラン総合研究機構(総務企画部)
〒108-0074
東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル4F
TEL 03-5793-9411
FAX 03-5793-9413
E-mail soumubu@nensoken.or.jp

最新号のご案内

年金と経済(2021.1) Vol.39 No.4

≪特集≫スチュワードシップを中心とした受託者責任の深化

[特集]スチュワードシップを中心とした受託者責任の深化
 ・スチュワードシップ・コードの再改訂について( 島貫まどか)
 ・GPIFにおけるスチュワードシップ対応について ( 小森博司)
 ・ESG投資並びに日本版スチュワードシップ・コード受入れに関する当基金の検討経緯( 門井正尚)
 ・東証の市場改革と株式投資の在り方( 谷口和歌子)
 ・制度目的達成のためのDCガバナンス( 高松博之)
 ・確定拠出年金(DC)における継続教育について( 上田憲一郎)
[巻頭言]スチュワードシップ・コードを超えて( 村上正人)
[年金に関連する最近の動向] 
 ・厚生労働省は,令和3年度税制改正において確定拠出年金の拠出限度額の見直しを要望( 吉野隆之)
 ・第14回グローバル・ペンション・シンポジウムより「サスティナブルな投資の未来」について( 荻島誠治)
[年金シニアプランフォーラム]山口新一郎賞授賞式 記念フォーラム「今日の年金研究の諸問題」
[ユース年金学会] 第5回ユース年金学会
[書評]『誤解だらけのアセットアロケーション』( 小野正昭)

バックナンバー一覧

「年金と経済」バックナンバー一覧(pdf:278 KB)

「年金と経済」投稿申し込み

「年金と経済」投稿の申し込みについて